News Release

「リトルプラネット ららぽーと沼津」が第14回キッズデザイン賞を受賞

遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(http://litpla.com/)などの企画開発・運営を手がける株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:後藤貴史)は、2019年10月にオープンした「リトルプラネット ららぽーと沼津」が第14回キッズデザイン賞を受賞しましたのでお知らせいたします。

【受賞企業・団体名】株式会社プレースホルダ(企画設計)/株式会社スペース(実施設計・施工)
【受賞作品名】リトルプラネット ららぽーと沼津
【受賞部門】子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門

リトルプラネットは、テクノロジーを駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパークです。砂遊びや影絵遊び、紙相撲など昔ながらの遊びにAR(拡張現実)などのデジタル技術が融合したアトラクションを通じて、子どもたちに“未来のアソビ”を提供しています。

全国で7番目にオープンした「リトルプラネット ららぽーと沼津」は、「Action(体感)」「Think(思考)」「Communication(交流)」など、子どもの豊かな感性や能力をはぐくむためのキーワードに基づくゾーニングのもと、13種のアトラクションを設置しています。

場内では、長時間の滞在でも疲れにくいショックパッド下地の人工芝や、寝そべって休憩できる「リラックススペース」を全パークで初めて導入。またファサードでは、緑や木の演出を施した壁に4つのデジタルサイネージを埋め込み、「アナログ×デジタルの融合」というリトルプラネットの世界観を表現しました。カラフルな花があしらわれた疑似扉は、スマホのカメラをかざすとARでキャラクターが飛び出すフォトスポットになっています。

さらに、パークの裏側には屋外と繋がる多用途スペースを設け、学校・保育施設や地域との繋がりを持つ空間として活用。パークの内部・外部でそれぞれ新たな体験に出会える、これまでにない屋内遊び場となっています。


■空間プロデューサーのコメント
株式会社プレースホルダ 森山哲也(一級建築士)

「リトルプラネット ららぽーと沼津」は、“遊びが学びに変わる“というリトルプラネットの従来のコンセプトはそのままに、「子ども」と「保護者」という異なるニーズを持つカスタマーに対し、どのように高価値な体験を同時に届けるかという点を特に重視してデザインしました。これを実現するために新たに導入したのが、緑化を施したファサードや人工芝の床、ARフォトスポットなどです。今回、これらの試みが”子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン“として認めていただけたことをとても嬉しく思います。今後もリアルとデジタルを組み合わせた空間デザインを通じて、「あらゆる家族に最適なエンターテインメント空間」の創造を目指してまいります。

■施設概要
名称:リトルプラネット ららぽーと沼津
所在地    :静岡県沼津市東椎路字東荒301番地3 ららぽーと沼津 1F
オープン日:2019年10月4日
区画面積 :185坪
公式サイト:http://litpla.com/space/litpla_numazu/
営業時間 :10:00~19:00(最終受付18:30) 
利用料金 :子ども・おとな 30分各800円~(15分ごとに延長可能)
※コロナウイルス対策のため現在フリーパスの販売を休止中。また14:00~14:30、17:00~17:30は定期清掃・消毒時間のため入場不可。


【株式会社プレースホルダ 会社概要】
代表者:代表取締役CEO 後藤 貴史
住所:東京都品川区西五反田七丁目22番17号 TOCビル4階
設立:2016年9月
事業内容:テーマパーク事業、空間演出事業、ライセンス事業、インターネットサービス事業
URL:http://placeholder.co.jp

プレースホルダは、2018年より“遊びが学びに変わる”をコンセプトとした次世代型テーマパーク「リトルプラネット」の運営を開始し、これまでに全国11箇所で常設パークを展開しています。建築士、ゲームプログラマー、元幼稚園教諭、大手テーマパーク従事者など多様なスキルを持つ人材を擁し、デジタルアトラクションの企画開発から施設設計、パーク運営までを内製しています(一部パークのみライセンスパートナーとの共同運営)。2019年にはこれまでに培った知見やノウハウを活かした空間演出事業を本格開始し、あらゆる施設・店舗において、デジタルとリアルが融合したこれまでにない体験を提供しています。

SHARE