PLACEHOLDER
ニュースリリース

グランツリー武蔵小杉に次世代キッズパーク「TOYLO PARK powered by リトルプラネット」が11月17日オープン!

~リアルとデジタルが融合したアトラクション9種が集合!おもちゃ売り場とのコラボキャンペーンも~

グランツリー武蔵小杉に次世代キッズパーク「TOYLO PARK powered by リトルプラネット」が11月17日オープン!

 遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(http://litpla.com/)を全国に展開する株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:後藤貴史)は、本日11月17日、「イトーヨーカドー グランツリー武蔵小杉店」(神奈川県川崎市)の4階に、リトルプラネットがコンテンツ提供を行うデジタルキッズパーク「TOYLO PARK powered by リトルプラネット グランツリー武蔵小杉」がオープンしたことをお知らせいたします。


■「TOYLO PARK powered by リトルプラネット」とは
 イトーヨーカドーが2021年より展開するおもちゃ・子ども用品のコンセプトフロア「TOYLO PARK(トイロパーク)」の一角に設置された、ファミリー向けの屋内遊び場です。リトルプラネットによるコンテンツ提供のもと、イトーヨーカドーが運営を行っています。
 光と音が弾けるボールプールや、AR技術を使った砂遊び、紙に描いたラクガキが動き出すデジタル紙相撲など、“昔ながらの遊び”にデジタル技術が融合したアトラクションは、三世代で一緒に楽しむことができます。



■「ミニ四駆」デジタルサーキット初登場!おもちゃ売り場とのコラボキャンペーンも
 全国初のアトラクションとして、小学館の漫画誌「コロコロコミック」とプラモデルメーカー「タミヤ」が新世代の「ミニ四駆」シリーズとして展開する「レーザーミニ四駆」の体験を拡張する、最先端デジタルサーキット「MINI 4WD LASER CIRCUIT」が登場。ミニ四駆がコースを走ると、その軌跡がカラフルな光となってコース上に現れます。
 パーク内には自由に使える体験用マシンが設置されているほか、自分のマシンを持参したり、隣接するおもちゃ売り場でマシンを購入して持ち込んだりすることも可能です。


 オープン記念キャンペーンとして11月17日より、おもちゃ売り場でミニ四駆の関連商品を500円以上購入いただくと、平日限定でパーク体験が15分間無料になる特別チケットをプレゼントいたします。プレゼントはチケットがなくなりしだい終了となります。



■パーク概要
名称:TOYLO PARK powered by リトルプラネット グランツリー武蔵小杉
所在地:神奈川県川崎市中原区新丸子東3丁目1135−1 グランツリー武蔵小杉4階 イトーヨーカドー内
営業時間:10:00~20:00(最終入場19:30)
公式サイト:https://litpla.com/space/toylo_musashikosugi
区画面積:約100坪(328平米)
アトラクション数:計9種(一部アトラクションは隔週入れ替え制)
ご利用料金:子ども30分600円~、おとな30分300円~(延長30分ごとに子ども500円、おとな250円)

※時間によって入場可能年齢が異なります。詳しくは公式サイトをご確認ください。
※「リトルプラネット」が対象の各種優待券・クーポンなどはご利用いただけません。

*「ミニ四駆」は株式会社タミヤの登録商標です。



【次世代型テーマパーク「リトルプラネット」とは】
リトルプラネットは、最新のデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパークです。砂遊びや紙相撲、影絵遊びといった昔ながらの遊びにテクノロジーが融合したアトラクションを通じて、子どもたちに“未来のアソビ”を提供します。現在、首都圏のほか大阪・名古屋など全国10箇所に常設パークを展開しています(「TOYLO PARK powered by リトルプラネット」を含む)。


【株式会社プレースホルダ 会社概要】
代表者 :代表取締役CEO 後藤 貴史
住所   :東京都品川区西五反田七丁目22番17号 TOCビル4階
設立  :2016年9月
事業内容 :テーマパーク事業、エクスペリエンスデザイン事業
URL   :http://placeholder.co.jp