PLACEHOLDER
ニュースリリース

【開催報告】LEXUSと試験開発!肉眼で楽しめる「XRスプレーアート体験」を限定公開

【開催報告】LEXUSと試験開発!肉眼で楽しめる「XRスプレーアート体験」を限定公開

遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(https://litpla.com)を全国に展開する株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:後藤貴史)は、11月に千葉ニュータウンで開催されたイベント「Prime marché」において、XR技術(※)を使ったスプレーアート体験が楽しめるアトラクション「LEXUS SPRAY PAINTING(レクサス スプレーペインティング)」を限定公開しましたのでご報告いたします。

※XR(Extended Reality)・・・VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)など、現実世界と仮想世界を融合する技術の総称


「LEXUS SPRAY PAINTING」は、トヨタ自動車株式会社のラグジュアリーライフスタイルブランド「LEXUS」で新価値共創に取り組む「L.C.HUB」チームと「リトルプラネット」が連携し、これまでにない体験の創出を目指して試験的に開発したデジタルコンテンツです。肉眼でバーチャルお絵かきが楽しめるリトルプラネットのアトラクション「SPRAY PAINTING」の技術をさらに進化させることで、本物の「LEXUS UX250h “F SPORT”」のボディにカラースプレーを自由に吹きかけるという、未来感あふれる体験を実現しました(体験無料)。

期間中は、イベント会場に立てられた大型テントの中に「LEXUS UX250h “F SPORT”」の車両と、センサーやプロジェクターなどの機材を設置。車のボディやリア部分に向けて専用のスプレー缶をプッシュすると、リアルなスプレー音とともにまるで本物のようなインクの映像が現れる仕組みを用意しました。スプレー缶を振ると色が切り替わり、計11色の中から好きな色を自由に使うことができます。

会場に訪れたファミリーの皆様は、車のボディにお絵かきするという“ありえない体験”に驚きながらも、思い思いにスプレーアートを楽しまれていました。また、「一体どうなっているの?」と、不思議なスプレーの仕組みに興味を持つお子様の姿も多く見られました。
体験後のアンケートでは来場者の9割以上がアトラクションに「満足した」と回答、8割以上の方が「もう一度体験してみたい」と回答しており、多くの方にこの非日常体験をお楽しみいただくことができました。

当社では今後も、XR技術を駆使したデジタルアトラクションの開発を通じて、これまでにないブランド体験の創出を実現してまいります。

■参考:「SPRAY PAINTING」について
「SPRAY PAINTING」は、VR(仮想現実)に使われる技術を活用し、誰でも気軽にスプレーアート体験が楽しめる「リトルプラネット」のオリジナルアトラクションです。スプレー型ガジェットのノズルを壁に向かって押すと、スプレーを吹きかける音とともにインクの映像が現れる仕組みで、スプレーを縦に振ることで自由に色の切り替えができます。位置情報や角度情報を発する機器(トラッカー)が埋め込まれたスプレーの動作を壁に設置されたセンサーが読み取り、これらの情報を反映した映像データをプロジェクターに送ることで、まるで本物のようなスプレーアート体験を創り出しています。
第6回「デジタルえほんアワード」審査員特別賞受賞。
アトラクション紹介動画はこちら:https://youtu.be/UAgc0H2Si10


【LEXUS L.C.HUBとは】
L.C.HUBはトヨタ自動車株式会社 Lexus Internationalに所属する、新しいパートナーとの新価値共創にトライする社内プロジェクトチームです。新たなアイデアをカタチにして、LEXUSのあるライフスタイルをより豊かにする体験をお客様に提供することを目的に活動しています。

【Prime marchéとは】
Prime marchéはプライム ライフ テクノロジーズ株式会社が企画・主催する、モビリティを活かした便利なサービスの提供、コミュニティ形成により、くらしをより豊かにするタウンサービスです。プライム
ライフ テクノロジーズは、「くらしとテクノロジーの融合」による未来志向のまちづくりを目指す会社です。


【次世代型テーマパーク「リトルプラネット」とは】
リトルプラネットは、最新のデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパークです。砂遊びや紙相撲、影絵遊びといった昔ながらの遊びにテクノロジーが融合したアトラクションを通じて、子どもたちに“未来のアソビ”を提供します。2021年12月現在、首都圏のほか大阪・名古屋など全国10箇所に常設パークを展開しています(「TOYLO PARK powered by リトルプラネット」を含む)。

アトラクションの導入に関してはこちら:https://bit.ly/3pdbqU8


【株式会社プレースホルダ 会社概要】
代表者:代表取締役CEO 後藤 貴史
住所:東京都品川区西五反田七丁目22番17号 TOCビル4階
設立:2016年9月
事業内容:テーマパーク事業、エクスペリエンスデザイン事業
URL:http://placeholder.co.jp

プレースホルダは、2018年より“遊びが学びに変わる”をコンセプトとした次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(https://litpla.com)の運営を開始し、これまでに全国各地で常設パークを展開しています。建築士、ゲームプログラマー、元幼稚園教諭、大手テーマパーク従事者など多様なスキルを持つ人材を擁し、デジタルアトラクションの企画開発から施設設計、パーク運営までを内製しています(一部パークのみライセンスパートナーとの共同運営)。2020年より、これまでに培った知見やノウハウを活かして店舗や商業施設、保育施設、イベント会場などで新たなキッズ/ファミリー体験を生み出すエクスペリエンスデザイン事業を本格開始し、あらゆる空間において、デジタルとリアルが融合したこれまでにない体験を提供しています。