PLACEHOLDER
ニュースリリース

リトルプラネット、法人向けのアトラクション提供専用サイトをオープン

”遊びが学びに変わる”デジタルアトラクションが全国の店舗・施設で導入可能に

リトルプラネット、法人向けのアトラクション提供専用サイトをオープン

 遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(http://litpla.com/)を全国に展開する株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:後藤貴史)は、店舗や施設を対象としたアトラクション提供の専用サイト「リトルプラネット for Business」(https://placeholder.co.jp/business/litpl)をオープンいたしました。

■リトルプラネットとは
 
トルプラネットは、最新のデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパークです。砂遊びや紙相撲、影絵遊びといった昔ながらの遊びにテクノロジーが融合したアトラクションを通じて、子どもたちに“未来のアソビ”を提供します。現在、首都圏のほか大阪・名古屋など全国7箇所に常設パークを展開しています。

■法人向けサイト開設の背景と狙い
 新型コロナウイルスの影響から、2020年には一部パークの閉店や長期休業、営業時間の大幅短縮、全てのゲストに一時退場いただく「定時消毒タイム」の導入といった対応を行ってまいりました(営業時間短縮・消毒タイムは現在も継続)。現在、完全屋内型施設ながら入場者数は本来の入場者数の80%超まで回復し、多くのお客様に感染防止へのご協力のもとご来場いただいています。

 こうしたなか、全国の店舗・施設事業者様より、集客や宣伝施策の一環としてリトルプラネットのデジタルアトラクションを単体で導入したいとのご要望が増加したことを受け、法人向けサービスの専門部署を2020年に新設。これまでに大型ショッピングモールや百貨店、クリニック、保育施設、ショールームなど30社超の事業者様の空間づくりやイベントにアトラクションを活用いただいています。

これまでの導入事例はこちら

 そしてこのたび、サービスの導入に必要な設備や期間などを一目でご確認いただける専用サイトをオープンいたしました。

 当社では今後もリトルプラネットの運営で培った技術やノウハウを駆使し、法人の皆様に向けたサービスの強化に努めてまいります。

 なお当社では現在、リトルプラネットの目指す世界に共感いただき、ともに子どもたちの未来を創造していくパートナー企業様を募集しています。

 ご興味をお持ちの企業担当者様はこちらのフォームよりお問い合わせください。