PLACEHOLDER
ニュースリリース

夏休みの自由研究は「記者」に挑戦!?リトルプラネット、「るるぶKids」とのコラボイベントを千葉・大阪で開催

夏休みの自由研究は「記者」に挑戦!?リトルプラネット、「るるぶKids」とのコラボイベントを千葉・大阪で開催

遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(https://litpla.com)を全国に展開する株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:後藤貴史)は、JTBグループで旅行・ライフスタイル情報を提供する株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役 社長執行役員:盛崎宏行)と、小学生を対象とした体験型イベント「あなたも記者になれる!編集講座付きリトプラツアー」を8月に千葉県松戸市・大阪府和泉市の2か所で開催いたします。

本イベントは、「テクノロジー」×「遊び」の新しい体験ができる「リトルプラネット」を舞台に、誰でも発信者となれる時代に必須のスキル“編集”を学ぶことができる体験型のイベントです。

まず「るるぶ」編集部による編集講座に参加し、その後実際に「リトルプラネット」を体験取材していただき記事を制作します。子どもたちが制作した記事は、本イベント限定の冊子にしてお持ち帰りいただけます。
楽しく遊びながら、その体験を記事にする面白さや、正しい情報を魅力的に伝える難しさを学ぶきっかけの場となることを目指します。
夏休みの自由研究にぴったりのプログラムとなっています。

大阪府和泉市「リトルプラネット ららぽーと和泉」、千葉県松戸市「リトルプラネット KITE MITE MATSUDO」の2か所で各2回(回ごとに対象年齢が異なります)の開催を予定しています。また、現地での参加が難しい方のために、オンラインイベントも開催します。

■開催概要(現地開催)

・応募方法:下記の予約ページで開催日をクリックしてお申し込みください。
大阪会場 https://airrsv.net/littleplanet-izu-wsyoyaku/calendar
千葉会場 https://airrsv.net/littleplanet-km-wsyoyaku/calendar

・応募期間:2022年7月14日(木)10:00~8月7日(日)24:00まで

・応募対象:日本国内にお住まいの小学生の児童 ※集合と解散は現地

・募集人数:各回10名(最少催行人数は各日5名) ※先着順

・参加費用:1名4,500円(「リトルプラネット」入場料、記念冊子含む)

・開催日時:
大阪:2022年8月8日(月)、10:30~12:30 ※小学校低学年対象
大阪:2022年8月8日(月)、14:00~16:00 ※小学校高学年対象
千葉:2022年8月10日(水)、10:30~12:30 ※小学校低学年対象
千葉:2022年8月10日(水)、14:00~16:00 ※小学校高学年対象

イベント終了後、リトルプラネット親子60分無料体験つき(18歳以上のおとなの同伴が必要です)。記念冊子のお渡しは無料体験の終了後となります。

実際にアトラクションを体験しながらスタッフに「取材」し、冊子にまとめていく(画像はイメージです)


■開催概要(オンラインツアー)
オンラインツアーでは、「るるぶ」編集部の講座終了後、普段は見ることができない「リトルプラネット」の開発ラボから約10分間の生配信を行います。アトラクションの仕組みについて開発スタッフに直接質問することができる、オンライン取材体験プログラムです。WEB会議システム「ZOOM」を使用して実施いたします(※)。

・応募方法:専用ページ(https://litspk.com/courses/by6EB2PEpM)よりお申し込み

・応募期間:2022年7月14日(木)10:00~8月17日(水)10:29まで

・応募対象:日本国内にお住まいの小学4~6年生の児童

・募集人数:30名 ※先着順

・参加費用:1名960円

・開催日時:2022年8月17日(水)、11:00~11:50

リトルプラネット公式オンラインレッスンサービス「リトルスパーク」への登録およびコイン(960円分)の購入が必要です。

■子どもとおでかけ&旅行情報サイト「るるぶKids」について
「るるぶKids」(https://kids.rurubu.jp/)は、子育て中のママパパのためのWebメディアです。子どもの対象年齢は0歳から小学校低学年。おでかけや旅行を通して家族の楽しい思い出を一つでも多く増やすために、魅力的で役に立つコンテンツを毎日お届けしています。さらに、おでかけ前後にママパパが感じる不安や悩みの解消、子どもの発達や教育という観点をふまえたおでかけ先のおすすめなど、家族みんながいつでもアクティブでいられるための、様々な情報も発信しています。


【次世代型テーマパーク「リトルプラネット」とは】
リトルプラネットは、最新のデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパークです。砂遊びや紙相撲、影絵遊びといった昔ながらの遊びにテクノロジーが融合したアトラクションを通じて、子どもたちに“未来のアソビ”を提供します。現在、首都圏のほか大阪・名古屋など全国10箇所に常設パークを展開しています(コラボ型パークを含む)。

大阪会場:「リトルプラネット ららぽーと和泉」 https://litpla.com/space/litpla_izumi/
千葉会場:「リトルプラネット KITE MITE MATSUDO」 https://litpla.com/space/litpla_matsudo/


【株式会社プレースホルダ 会社概要】
代表者:代表取締役CEO 後藤 貴史
住所:東京都品川区西五反田七丁目22番17号 TOCビル4階
設立:2016年9月
事業内容:デジタルテーマパーク事業、エクスペリエンスデザイン事業
URL:http://placeholder.co.jp

プレースホルダは、2018年より“遊びが学びに変わる”をコンセプトとした次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(https://litpla.com)を運営しています。建築士、ゲームプログラマー、幼稚園教諭、大手テーマパーク運営など多様なスキルやキャリアを持つ人材を擁し、デジタルアトラクションの企画開発から施設設計、パーク運営までを内製しています(一部パークのみライセンスパートナーとの共同運営)。2019年にはこれまでに培った知見やノウハウを活かした空間演出事業を本格開始し、あらゆる施設・店舗において、デジタルとリアルが融合したこれまでにない体験を提供しています。