PLACEHOLDER
ニュースリリース

夏休みは “最新系ボールプール”で大冒険! リトルプラネット人気No.1アトラクションがパワーアップして新登場!

~猛暑や雨の日でも安心!昔ながらの遊びにデジタルが融合した屋内型テーマパークで思いっきり楽しもう~

夏休みは “最新系ボールプール”で大冒険! リトルプラネット人気No.1アトラクションがパワーアップして新登場!

遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(https://litpla.com)を全国に展開する株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:後藤 貴史)は、プロジェクションマッピングを駆使した最新系ボールプールアトラクション「ZABOOM JOURNEY(ザブーンジャーニー)/冒険型デジタルボールプール」が、7月20日(水)より全国のパークに登場しますのでお知らせいたします(一部パークでは7月27日(水)スタート予定)。


【7月20日(水)スタートのパーク】
「ダイバーシティ東京 プラザ」、「ららぽーと新三郷」、「キテミテマツド」、「ららぽーと沼津」、「mozoワンダーシティ」、「ららぽーと和泉」のリトルプラネット

【7月27日(水)スタート予定のパーク】
「イオンモール川口」「イオンモール鹿児島」「TOYLO PARK グランツリー武蔵小杉」「TOYLO PARK イトーヨーカドー大和鶴間」のリトルプラネット

■「ZABOOM JOURNEY」とは
2018年の「リトルプラネット」誕生時から人気No.1だったボールプールアトラクション「ZABOOM」が今夏、「ZABOOM JOURNEY」として新しく生まれ変わりました。従来の“光と音がはじける没入空間で楽しむボールプール遊び”という魅力はそのままに、サイバータッチで描かれたミステリアスな海の世界を冒険していく、これまでにないデジタルアトラクションの誕生です。

スクリーンにボールを当てるとさまざまな反応が起こり、ハラハラドキドキのストーリーが展開していきます。
数万個のボールに投影される光の波紋は、子どもたちの動きに合わせてまるで本物の水面のように絶えず変化し、ウォーターライドに乗っているかのような浮遊感を体感できます。


■ココが楽しい!新要素①「キャラたちが大活躍!没入感抜群のストーリー展開」
今回より、リトルプラネットのキャラクター「モグー」たちが活躍するストーリー要素が追加されました。カラフルな光の海を船に乗って進むような感覚で、個性あふれるキャラたちが続々と登場する冒険世界を楽しめます。また、キラキラと変化するプロジェクションマッピングは、小さなお子様でも直感的に楽しむことができます。


■ココが楽しい!新要素②「ドット絵でモンスターを作って召喚しよう!」
スマホ画面のマス目を指でなぞってピクセルアートの「モンスター」を作り出し、アトラクションの中に召喚させることができる新システム「ピクモン」が登場。操作は専用の二次元バーコードを読み取るのみでOK。懐かしの“ドット絵”風のモンスターづくりは、家族三世代で一緒に盛り上がって楽しめます。


■ココが楽しい!新要素③「体験データをスマホに記録しよう!」(※一部パークのみ)
体験後に会員リストバンド「シャリング」をスクリーンにかざすと、遊んだ記録を「リトルプラネット」のオンラインサイトの「マイページ」に記録することができます。遭遇したモンスターをコレクションしたり、さまざまなミッションに挑戦したりと、アトラクションの楽しみ方がさらに広がります。
※武蔵小杉、大和鶴間、川口、鹿児島のパークは「シャリング」非対応です。
「シャリング」についてはこちら:https://litpla.com/sharing/


*画像は開発中のイメージを含みます。


【次世代型テーマパーク「リトルプラネット」とは】
リトルプラネットは、最新のデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパークです。砂遊びや紙相撲、影絵遊びといった昔ながらの遊びにテクノロジーが融合したアトラクションを通じて、子どもたちに“未来のアソビ”を提供します。現在、首都圏のほか大阪・名古屋など全国10箇所に常設パークを展開しています(コラボ型パークを含む)。


【株式会社プレースホルダ 会社概要】

代表者:代表取締役CEO 後藤 貴史
住所:東京都品川区西五反田七丁目22番17号 TOCビル4階
設立:2016年9月
事業内容:テーマパーク事業、エクスペリエンスデザイン事業
URL:http://placeholder.co.jp

プレースホルダは、2018年より“遊びが学びに変わる”をコンセプトとした次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(https://litpla.com)を運営しています。建築士、ゲームプログラマー、幼稚園教諭、大手テーマパーク運営など多様なスキルやキャリアを持つ人材を擁し、デジタルアトラクションの企画開発から施設設計、パーク運営までを内製しています(一部パークのみライセンスパートナーとの共同運営)。2019年にはこれまでに培った知見やノウハウを活かしたエクスペリエンスデザイン事業を本格開始し、あらゆる施設・店舗において、デジタルとリアルが融合したこれまでにない体験を提供しています。

法人向けサービス「リトルプラネット for Business」はこちら:https://placeholder.co.jp/business/litpla