News Release

プレースホルダ、「CLT PARK HARUMI」夏期エキシビションの演出を担当

 デジタル技術を活用した次世代型テーマパーク「リトルプラネット」などの企画開発・運営を手がける株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:後藤貴史)は、三菱地所株式会社が東京・晴海で運営する木質建材の展示施設「CLT PARK HARUMI」(https://www.harumiclt.com/)で7月3日(金)から8月30日(日)まで実施される夏期限定の体験型エキシビション「木と光の夏祭り~デジタルで心をつなぐ花火と灯篭~」(入場無料)の企画・演出・制作を担当いたしました。

 本企画は、「CLT PARK HARUMI」のシンボルである半屋外施設「パビリオン棟」を巨大な灯篭に見立て、美しいCLT建築と色鮮やかなデジタルコンテンツの競演を楽しむことができる、夏期限定の展示イベントです。
棟内に設置された「デジタル和太鼓」を叩くと、上部に吊るされたムービングライトの動きや提灯の色が次々に変化し、棟内をカラフルに彩ります。日が暮れると「パビリオン棟」全体がまるで炎が揺らぐ灯篭のような幻想的な姿となり、晴海の街に浮かび上がります。
 また床面のLEDビジョンでは、人の動きに合わせて星空の中に花火が打ち上がり、足元を鮮やかに照らします。映像と連動した花火の音や祭囃子の音とともに、夏祭りの臨場感を味わうことができます。

人工芝に描かれたソーシャルディスタンスマーカー
パイプを通じて音と光が遠くに届く「デジタル伝声管」

■企画の背景と狙い~デジタルで「三密」を回避した夏祭りを表現
 今夏、コロナウイルスの影響によって全国各地で夏祭りや花火大会が中止となっています。こうしたなか本エキシビションは、通気性の良い「パビリオン棟」の空間を活かし、晴海を訪れた方や近隣の方々に少しでも「夏」の風物詩や空気を体感していただきたいとの思いから企画されました。  

 「三密」を回避するため、地面にソーシャルディスタンスを示すマーカーを設置したほか、同時間帯に来場者が集中しないよう雨天対応の常設型デジタル遊具を独自に制作。提灯やライトと連動した「デジタル和太鼓」に加え、マイクに音を吹き込むと頭上に伸びたパイプを通じてLEDの光とともに離れた場所へ音が届く「デジタル伝声管」4機を設置し、来場者が距離を取りながら心を一つにして楽しめる“ソーシャルディスタンス時代の夏祭り”を表現しました。

■「CLT PARK HARUMI」とは
 三菱地所が開発を手がけたCLT PARK HARUMIは、隈研吾建築都市設計事務所がデザイン監修を担い、岡山県真庭市産のCLT材(Cross Laminated Timber/直交集成板)を使用して東京・晴海に建築した、三菱地所として首都圏初(竣工時点)のCLT材展示施設です。
 CLTパネルを“現(あらわ)し”(構造材が見える状態での仕上げ)で使う木目の美しさを最大限に生かしたデザインが特徴で、2019年12月14日から約1年間にわたり国内外の様々な世代に向けてCLTの魅力を伝えるとともに、文化・情報の発信拠点として運用されます。1年後には部材をリユースし、真庭市の国立公園蒜山(ひるぜん)に移築され、蒜山(ひるぜん)高原一帯の新たなランドマークとして観光および芸術・文化発信拠点となる予定です。
 当社では、2階建ての「屋内展示棟」(感染対策を行い6月6日より営業再開)内に設置されたファミリー向けコミュニティスペース「PLAY FOREST Directed by PLACEHOLDER」の空間演出をオープン時より手掛けています。

■CLT PARK HARUMI 施設概要
・所在地 : 東京都中央区晴海3丁目2番15号
・営業時間 : 10:00~20:00(最終入館19:30)
・入場料 : 無料
・営業期間 : 2020年9月末まで(予定)
・公式サイト : https://www.harumiclt.com


【株式会社プレースホルダ 会社概要】
代表者:代表取締役CEO 後藤 貴史
住所 : 東京都品川区西五反田七丁目22番17号 TOCビル4階
設立 : 2016年9月
事業内容 : テーマパーク事業、空間演出事業、ライセンス事業、インターネットサービス事業
URL : http://placeholder.co.jp

プレースホルダは、2018年より“遊びが学びに変わる”をコンセプトとした次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(http://litpla.com/)の運営を開始し、これまでに全国11箇所で常設パークを展開しています。建築士、ゲームプログラマー、元幼稚園教諭、大手テーマパーク従事者など多様なスキルを持つ人材を擁し、デジタルアトラクションの企画開発から施設設計、パーク運営までを内製しています(一部パークのみライセンスパートナーとの共同運営)。2019年にはこれまでに培った知見やノウハウを活かした空間演出事業を本格開始し、あらゆる施設・店舗において、デジタルとリアルが融合したこれまでにない体験を提供しています。

SHARE